授乳中に抜け毛が増えてもミノキシジルは使ってはダメ

授乳中 抜け毛が増えてもミノキシジルは使ってはダメ

 

「ミノキシジル」という育毛成分を知ってますか?

 

育毛効果が高いと言われている成分で、
日本では「ロゲイン」という育毛薬に配合されているものになります。

 

 

ロゲインは頭髪の育毛促進の医療効果が認めらている、唯一の処方箋を必要としない製品ということで、比較的手軽に手に入るみたいです。

 

私も、このロゲインを売っている通販サイトを見つけたことがあります。

 

育毛剤では薄毛の改善ができなかった・・・という男性が、次の手段として選ぶことも多いみたいです。

 

 

女性だとミノキシジルやロゲインのことを、あまり知らなかった人も多いと思います。

 

でも、抜け毛が増えて困っているという女性なら、使ってみたいと思う人もいるかもしれませんね。

 

ただ、ミノキシジルが使われた育毛薬は、薬なだけあって副作用の心配があるんです。

 

 

ミノキシジルの副作用としては

多毛症、頭皮のかゆみ、かぶれ、血圧低下、めまい、頭痛、胸痛、かすみ目、手・足・顔などのしびれ・痛み、性欲減退、心拍数の増加

などがあるといいます。

 

 

高血圧、低血圧の人、それから心臓病やアレルギー体質の人は、絶対に使ってはいけないとされているお薬です。

 

育毛の効果が高い分、いろいろな弊害が起こる可能性があるということなんですね。

 

 

そして、妊娠中・授乳中の人、産後の抜け毛症状に悩んでいる人にも、ミノキシジルの使用はおすすめできないとなっています。

 

 

授乳中に抜け毛が増えるのはつらいことですから、髪の毛ができるだけ生えてくるものを使いたいところ。

 

ですが、ママと赤ちゃんの大事を考えたら、ミノキシジルのような強い薬品は避けたほうがいいということです。

 

授乳中でも優しく使える女性用の育毛剤もいろいろとありますから、使うとしたらそういうものを選びたいですね。

 

授乳中でも使える女性用育毛剤をご紹介♪

page top